基礎を抑えよう!どのようにしてシステム開発をしているのか

システム開発のスケジュール

システム開発と聞くと、プログラミングをしているイメージを思い浮かべる人は多いでしょう。たしかに、プログラミングはシステム開発の工程に含まれますが、プログラミングだけを指しているわけではありません。システムを作るときには、プログラミングをする前に、様々なことを具体的に検討する工程があります。この工程を上流工程と呼びます。上流工程では、何の機能を入れるのか、使う時間帯はいつなのか、セキュリティのレベルはどれぐらい高めておきたいのか、文章や図を使って設計書を書きます。プログラミングの工程では、上流工程で作った設計書を元に、プログラムを書きます。プログラムが出来上がったら、設計書通りに動いているか確認して、システム開発は完了します。

システム開発の体制図

システム開発は、設計書を作る「上流工程」と、プログラムを作ってテストをする「下流工程」に分かれます。上流工程はシステムインテグレーターが行い、下流工程はプログラム開発会社が行うことが多いです。下流工程中、システムインテグレーターは下流工程の進捗管理をしたり、課題解決のための旗振りをします。プログラミングの工程を海外の人件費の安い企業に依頼することがあります。オフショア開発と言って、近年、システム業界でさかんに導入されています。日本と海外では時差があるので、日本の終業時間に依頼した作業が、翌日の始業時間に完了している、という時間を有効に使った開発スケジュールが立てられるのもメリットの一つです。

notesの受託開発の技術力の高さは、各地のIT関連企業のエンジニアの経歴に影響を受けますが、早期に依頼先を決めることが有効です。