自営業者なら知っておきたい!白色申告が便利な点

白色申告は誰にでもできるのがポイント

青色申告をするためには、事前準備が必要になります。青色申告承認申請書というものを提出していなければ、その年は白色申告しかできないのです。ですから、少しハードルが高いと言えるでしょう。帳簿の付け方も、青色申告の場合には複式簿記が必須となります。簿記の知識がない人には、青色申告はなかなか選びにくいです。確かに青色申告にはメリットが多いのですが、面倒なら白色申告で済ませるのも一つの方法でしょう。面倒が少ないのが、白色申告のポイントです。

簡単な記帳のみで済ませられるのが便利

自営業をしていると、どうしても税金の処理についての時間を作ることも難しくなります。確定申告の時期が近づいてくると憂鬱になる自営業者の人も多いのではないでしょうか。青色申告なら非常に複雑な記帳を求められるので、仕事にも影響が出てくるかもしれません。しかし、白色申告ならとても簡単な記帳で済ませられるので、仕事に悪影響が出にくいので最高ですね。時間もかかりませんし、確定申告の時期が来ても特にプレッシャーを感じる必要がありません。

税理士の先生を雇う必要がないので経済的

白色申告では、それほど難しいことをする必要がありません。ですから、税理士の先生を雇わなくても、自分で確定申告を済ませることができるわけですね。この点が非常に大きいメリットになります。確定申告用の会計ソフトを購入する必要性も薄いかもしれませんね。とにかくコストが安く済ませられるのが、白色申告のポイントです。ただ、青色申告なら税金がより安くなりますから、どちらが得になるかは計算をしてみなければ分かりません。

白色申告の利点は、事前に役所に届け出る必要が無いことです。簡単な簿記で十分なため、誰でも扱えることが利点です。ただし、特別控除や赤字の繰り越しができないという欠点を持ちます。