社員研修の意味!知らないと恥をかく情報をお伝えします

社員研修をやる意味!

社員研修とは、新入社員が会社に入社して、仕事とは何か、社会人とは何かと言うのを研修で身に着けるプログラムの事を言います。社員研修は会社が自分の人間性をしっかりとみてきます。体力面はどうか、精神面はどうかなど様々な角度から研修を通してみてきますので、しっかりと頑張った方がいいでしょう。また、新入社員も自分の入る会社がどんな会社なのかを知るきっかけになるので、ここはよく見て、学ぶといいです。頑張りましょう。

変わった社員研修紹介

社員研修は様々な会社が工夫をして実施しています。その中でも変わった社員研修をしている会社もあります。例えば、山登りです。新入社員全員に山登りをさせて体力面、精神面を見ると言う事をしています。山登りを断念するようでは今後困難になった時に途中で投げ出してしまう可能性があるという見方でしょう。また、ある大手自動車メーカーは幼稚園、保育園で研修をしています。これは、自動車販売店によく子供連れで来る方が多く、子供の心をつかむためです。

社員研修をする上で気を付ける事

社員研修は、会社が自分をどのような人間なのかをしっかりと細かく見てきます。そして、社会人として成長するように教育をしてくれます。ですので、ここでは自分をしっかりアピールする事と同時に団体行動の協調性も大事になってきますので、常に周りに目を配り、社会人としての教育を受けましょう。また、新人研修の時は多くの同期が一緒に参加しています。ですので同期との絆を深めましょう。それが今後の仕事に対しての大きな力になっていきます。

中途入社社員の場合には、きちんとした社員研修があまり行われないこともありますので、新人社員のほうが会社の事情に詳しい場合などもあります。