応募者のことをしっかり見抜く!採用したい人がわかる!

会社に合った人を見極める手段

社員の採用をするとき、書類選考、面接、その他知識を問う試験などを行います。それぞれに共通するのは、ある程度準備ができることです。もちろんその人の中身を見ることもできますが、書類の書き方、面接の受け方などの訓練を受けた人は良く見せることが出来ます。適性検査では、会社に合っているかどうかの見極めに使える場合があります。テクニックなどがなく、思ったままに答える仕組みになっています。よりその人の性格などが出やすくなります。

大量の応募者の中から一定の選考を行う

中小企業などでは、求人を出してもなかなか応募してもらえないこともあります。大企業となると、多くの応募者が殺到することがあります。採用側としては応募者すべての人と話をしたいところですが、それをしていては時間がかかります。また、正確な情報が得られません。適性検査をすることで、大量の応募者から一定の絞り込みが行えます。これによって、面接などを効率的に行えます。過去のデータなどがあるので、ある程度の絞り込みが可能です。

面接官による差を少なくする

面接は面接官によって行われます。一人の面接官が行うこともあれば、複数人で行うこともあります。複数人で行うときは、ある程度選考基準などを重ねるようにします。しかし、人によって見方が変わることがあります。担当した面接官で、専攻される人に差が出てしまうことがあります。それを減らすために適性検査を行います。先に適性検査を行っておき、それぞれの人の情報を得ておきます。その情報を元に面接をすることで、面接官の差を減らすことが出来ます。

適性検査はどのようなものか気になる方は、就職対策の問題集が市販されていますので、参考になると思います。