印刷の種類もいろいろ!印刷物の内容によって変えられる!

業者が主に行う印刷の種類

印刷物として毎日目にするのは新聞でしょう。大量に印刷されていろいろな場所に提供されています。その他雑誌などの印刷も行われますが、これらは業者が行っています。大きな機械を使って行うので、家庭では同じようなことはできません。オフセットと呼ばれる方法は、まず版をゴム状の版に転写して、それを紙などに転写する方法になります。そのため、元の版は印刷物と同じです。一旦転写してから行うために、オフセットと呼ばれます。はっきりした文字、きれいな写真での印刷が可能です。

伝統的ながら今も利用されている

江戸時代など古くから印刷物はありました。木製の版を作っておき、それにインクをしみこませて紙に押し付けます。この作業を繰り返せば、短時間で同じ印刷を行うことが出来ます。現代も、ガリ版などはこの方式に近い方法と言えます。業者がきれいな印刷物を提供するときに使うことは少なくなっていますが、名刺印刷などでは取り入れられていることがあります。案内状などでこの方式を使うと、それなりに味のある雰囲気が出せ、興味をもってもらいやすくなります。

プリンターを使った印刷

印刷物を作成するとき、今は必ずしも業者に依頼しないといけないわけではありません。各家庭でもプリンターが普及し、会社などにも印刷のための機械があります。家庭用としては、インクジェットプリンターが主流です。業者でも、大型のインクジェットプリンターでポスター印刷などを行うことがあります。レーザープリンターは主に会社などで使われています。文字の印刷などが得意なので、名刺印刷などで使われます。カラーへの対応も進んでいます。

封筒印刷とは、封筒の表や裏に、相手先・郵送元の名前や会社名を印刷することです。枚数が多ければ、業者依頼をすることが多いようですが、100枚程度の場合、自宅や会社でも十分印刷可能です。