プライバシー情報をインターネット上に簡単に晒すな!『注意すべき3点』

簡単に登録作業をしてはいけない!

インターネットが普及し、簡単に知りたい情報を得られるようになっています。そして、欲しい情報を得るためにプライバシー情報を登録する必要があるものや、ネットショッピンするために同じく登録するものがあります。本当に必要があるのであれば良いですが、「何となく」といった曖昧な理由の場合は登録を避けましょう。インターネット上にプライバシー情報が残ることになり、厳重に管理されるとはいえ、100%安全とは言えないので、最低限の範囲に留めることが必要です。

パスワードは複雑なものがベスト

インターネット上で登録作業をする際、必ずアカウント管理するためのパスワードを設定しなければなりません。このパスワードを忘れる恐れがあるという理由で、単純なものにはしてはいけません。単純なパスワードだと、見破られる恐れがあり、自分のアカウントが不正に扱われる可能性が高くなります。だから、パスワードを設定する場合、なるべく長く複雑な文字と数字で組み合わせるようにしましょう。また、自分に関係のある文字や数字は避けると良いです。

各登録サイトのパスワードは統一しない

パスワードを長く複雑なものに設定したとしても、各登録サイトで同じものを使っていては意味がありません。管理の上で便利かもしれませんが、一カ所でパスワードが見破られてしまえば、全ての自分のアカウントが不正に使われることになります。この点から、パスワードが登録サイト毎に変更するようにしましょう。これによって強固にプライバシー情報を守ることができ、不正アクセスを防ぐことができます。もし忘れる恐れがある場合は、メモしておき、そのメモを厳重管理しておくと良いです。

機密文書は紙で保管するだけでなく、データとして保管しておく必要があります。そしてデータにしたら紙はすみやかに処分できれば一番良いです。